/ Article データ混乱のパワーを利用

コダックアラリス インフォメーション マネジメント、マーケティング担当副社長、Siddhartha Bhattacharyaによる

デジタル変換を通じて成長を促進する 5 つの方法

Want more?

Want more?

Fill out the form and view the complete insight.

ご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。 当社のインサイトをご覧ください。

データ混乱の時代が到来しました。

企業は、日々作成される大量のデータに対処するための、より優れた方法を必要としています。業界にもよりますが、お客様の企業は100万~1,200万ギガバイトの情報を保持しています。

この大半は非構造化データです。言うまでもなく、これはドキュメント管理に混乱をもたらしています。非構造化データとは、行と列に整列されない情報です。非構造化データの量が構造化データを上回ってから数年が経ちますが、2020年までには、非構造化データの総量は構造化データの9倍に上ると予測されています。

AIIM Market Intelligenceの主任アナリストであるBob Larrivee氏は次のように述べています。

「これまでに話し合ってきた数多くの企業において、保有される情報/コンテンツの8090%は依然として非構造化データです。つまり、何らかの体系化が行われている場合でも、十分には体系化されていません。非構造化データはネットワーク ドライブ、電子メール、共有ドライブ、さらにはリムーバブル ストレージやモバイル デバイスなどのポータブル デバイスに至るまで、企業全体に分散しています。クラウドは多くのエンタープライズ情報エコシステムの一部となりつつありますが、通常は統合されておらず、非公式/非公認の方法で使用されている場合があります。」

ここでは、2つの問題が指摘されています。

  1. 管理対象のデータが増大しており、そのソースも増加している
  2. この大半は非構造化データである

既存のデータ管理方式は構造化データを念頭に置いて作成されているため、いずれの課題に効率的に対処するにも不十分です。

このため、「企業データのうち、分析および使用されるのは0.5%に満たない」と言われていますForbes

これはあらゆる業界や部門で普遍的に見られる課題であり、ビジネスリーダー達が共有する問題点となっています。コダックアラリスでは、この問題を「データ混乱」と呼んでいます。

解決策:デジタル変換

データ管理およびビッグデータのイニシアティブは、何年にもわたり注目の話題となっています。しかし、大半の組織にとって、ビッグデータは依然として単なる大量のデータにすぎません。このデータ混乱から価値を引き出さない限り、企業は成長のチャンスを逃すことになります。

McKinseyによると、ビッグデータはデジタル成長を実現する要素として最も期待されているものの、投資対象には最もなりにくいデジタルイニシアティブです。この調査では、企業幹部の93%がデジタル変換イニシアティブによる成長を見込んでいることが明らかになっています。

デジタル変換:統合されたデータからインサイトを引き出すことで、ビジネス プロセスを向上すること。

これは理に適っています。平均的な規模の企業にとって、データの量と複雑さ、そして規模に対処するには、デジタル化によって実現される柔軟性と弾力性が必要になります。いずれにしろ、ビジネス プロセスがデジタル化されれば、次が実現されます。

  • チームメイトや同僚とのデータ共有。
  • データ マイニングによる意味のあるインサイトの発見。
  • さまざまなビジネスプロセスの相対的な価値の理解。
  • 特定の部門やワークフロー内で改善の必要な領域の判断。

ビジネス データの混乱への解決策はデジタル変換です。企業は、迅速なデータ分析を可能にすることで、重要なプロセスを最適化できます。その結果、次が実現されます。

  • 総収益と明確な競争優位性を拡大。
  • バックオフィスの精度および効率性の大幅な向上。

デジタル変換による収益の増大と競争優位性の獲得:

重要なビジネス プロセスのデータ管理を向上することが、収益を増大するための実証された方法です。『インダストリアル・インターネット・インサイト2015』では、AccentureGEが世界中の経営幹部を対象に「ビッグデータ分析」の現状について調査しています。データイニシアティブによるデジタル変換の主要な2つのメリットとしては、「収益の増大」(60%)と「競争優位性の獲得」(57%)が挙げられました。

世界中のビジネス リーダーらは、デジタル変換によって成長がもたらされると考えており、それはもっともな意見です。社内プロセスの効率性が高まれば、明らかに成果は伸びるでしょう。しかし、証拠こそが最も雄弁です。McKinseyの調査によると、業務に分析を活かしている企業は「競合他社に比べて、56%高い生産性と収益を獲得」しています。

デジタル変換はビジネスにメリットをもたらします。これは、一般的なビジネス プロセスにも、特殊なビジネス プロセスにも当てはまります。

デジタル変換による精度と効率性の大幅な向上:

デジタル変換によって容易に成功を収めることができる領域には、次の5つがあります。

  • 郵便仕分け室:郵便仕分け室に、シームレスに自動化された迅速なデータ管理ワークフローが採用され、信頼できる例外処理機能が備えられていれば、総収益に大きなインパクトをもたらすことができます。従業員は、主要な業務にフォーカスする時間が増え、タイム クリティカルなドキュメントがビジネスのスピードで転送されます。
  • 顧客のオンボーディング:顧客のオンボーディングにデジタル化されたプロセスを採用すれば、顧客満足の向上につながるだけでなく、顧客の生涯価値も高まります。
  • 買掛金勘定:追加のインサイトを活用することで、よりインテリジェントかつ自動化された買掛金勘定が可能になれば、ニーズに合ったタイミングでサプライヤーからサービスを受けることができる上、市場に対する応答性も向上されます。その間も、スタッフは将来のプロジェクトにフォーカスできるため、業務が促進されます。
  • フォームの処理:優れた設計のワークフローによってフォームの認識、情報の抽出、品質保証を行うことで、成功を阻むボトルネックを排除できます。適切なプロセスを使用すれば、すばやく成果を収めることができます。
  • 記録の管理:デジタル記録管理により、紙ベースのソリューションに比べて数多くのメリットが提供されます。これには、情報の同期、セキュリティの強化、重要なドキュメントへの迅速なアクセスなどの機能が挙げられます。

つまるところ、デジタル変換が重要であることは誰の目にも明らかです。ただし、その方法を知る者は限られています。

インサイトを引き出すために、企業がデータをさらに分析する必要があることは明らかです。

データ混乱のパワーをビジネスに利用

絶え間なく増大するデータをどのように管理するかという点は、21世紀の企業が直面している最大の課題の1つであると言えますが、これは最大のチャンスの1つでもあります。

データは必ずしも混乱をもたらすものではありません。デジタル変換では、10の並びをメタタグの付いたセルに変換するだけでなく、ビジネス上の意思決定にインサイトをもたらすことができます。新しいサイエンス、テクノロジー、パートナーのエコシステムを活用すれば、貴社は社内プロセスを合理化し、企業規模の売上目標を達成することができます。

データ混乱のパワーを利用する準備はできていますか?

洞察

3 インサイト

The Era of Data Chaos

Digital Transformation | Infographic
Every year, the volume of new information is growing exponentially. Never before has managing information for any company been tougher – large or small.

Better Manage Document Capture

Records Management | Article
Advanced information capture solutions can help businesses automate and streamline workflows. Get tips for handling tough paper challenges.

Maximize your ROI

Customer Onboarding | Article
C suites around the world are buzzing about digital transformation. But here’s the truth: A huge number of business processes still run on paper. Get tips to manage your document investments.

Contact

Alaris製品、サービス、サポートは世界中で利用可能であり、リセラーを介して販売されています。 

お客様の地域のリセラーを見つけるには、以下の 情報リクエストフォームにご入力 ください。リセラーからお客様にすぐにご連絡を差し上げます。

ご送信いただきありがとうございました。 早急にご連絡を差し上げます。
送信エラー