新しいKodak Alaris IN2 Ecosystemでは、情報キャプチャから複雑性を排除するためにお客様を支援

kodak alaris IN2 ecosystem

ニューヨーク州ロチェスター、4月25日 – Kodak Alarisは、Alaris IN2 Ecosystemをリリースし、情報キャプチャから複雑性を排除します。これは、クラス最高のスキャナー、ソフトウェア、サービス、パートナーシップの強力な組み合わせであり、データ混乱を重要な情報へと変換し、効率性を向上するために設計されています。

Alaris IN2 Ecosystemでは、ドキュメントから情報を抽出して、生産性とカスタマーエクスペリエンスを向上し、最終的には収入増大を促進するために組織を支援します。今日、企業や政府機関は、急増するデータに直面しています。Pricewaterhouse CoopersとIron Mountainによれば、43%の企業はその情報か具体的なメリットをほとんど得ておらず、23%はまったくメリットを引き出せていません[1]。紙ベースのドキュメントから効率的に情報をキャプチャして、デジタルワークフローに統合できなければ、組織全体で複雑性が増し、販売機会を失うことになります。

「この課題には、成長と効率性を促進する大きなチャンスが秘められています」と述べるのは、Kodak Alaris Information Managementのプレジデント兼統括マネージャーであるRick Costanzo氏です。「デジタル変革を実現すれば、企業は競合他社との差別化および市場での成功を達成するために、はるかに優位な立場に立つことができます。」

大半の組織にとって、問題はデジタル変革を実施するべきかどうかではなく、どこから着手するべきかという点になっています。「Alaris IN2 Ecosystemでは、弊社の受賞歴のあるスキャナーポートフォリオ、ソフトウェア、サービスが組み合わされており、組織がドキュメントから情報を抽出して、ビジネスプロセスに統合する作業をシンプルに開始できるようにします」と、Costanzo氏は語ります。 

仕組み

Alaris IN2 Ecosystemのユニークなアプローチでは、お客様の環境にシームレスに統合される適合性、情報キャプチャを簡素化する適切な操作性、そして、ビジネス上の価値とROIの向上を実現する適切な結果を提供します。このエコシステムでは、パートナー様と開発者コミュニティが重要な役割を果たします。彼らが連携し、お客様の’現在および将来のニーズに合致した新しいソリューションを構成、創造します。

スキャナー、ソフトウェア、サービスの向上

一連のスキャナー、ソフトウェア、サービスの向上が、Alaris IN2 Ecosystemのリリースの基盤になっています。特に、Kodak Capture ProおよびInfo Input ExpressソフトウェアをAlarisスキャナーと組み合わせることで、生産性とカスタマーエクスペリエンスを向上する、次のようなインテリジェントな新機能が可能になります。

  • インテリジェントな例外処理により、フォームを瞬時に検証し、トランザクション時に欠けている情報を特定し、修正できます。そのため、顧客とのやり取りが向上し、収益が増大する可能性も高まります。
  • インテリジェントなバーコードの読み取り機能では、非常に正確なデータ抽出結果が生成され、セットアッププロセスの複雑性が排除されます。
  • インテリジェントなジョブ選択では、特定のパッチコード区切りシートを使用して、ジョブの切り替えとプロファイルを自動化します。これによって、ジョブの切り替え時のダウンタイムが最小限に抑えられるため、生産性が向上します。

Info Input Solutionのポートフォリオでは、現在のJava Scriptオプションに加えて、HTML5クライアントソリューションも導入されています。これにより、お客様固有のIT環境およびセキュリティニーズに合わせて、適切なソリューションを選択できるよう、お客様に提供する選択肢が追加されます。

サービスに関しては、Alaris IN2 Ecosystemではそれぞれのお客様に適切な規模の修理およびメンテナンスオプションが用意されています。また、キャプチャプロセスをさらに最適化し合理化するために設計された、構成、トレーニング、コンサルティングなどのプロフェッショナルサービスも提供されます。

ハードウェアに関しては、Kodak i4000シリーズスキャナーに金属検知機能が追加され、お客様にさらに安心感を提供できるようになりました。これは、弊社の最上位製品であるi5000シリーズの機能を引き継いだものです。ホッチキスやクリップなどの金属を検知して、これらがスキャナーに取り込まれることを防ぐことによって、ダウンタイムを短縮し、スキャナーやドキュメントの損傷を回避します。 

これらの機能向上は、直ちに世界中で利用可能になります

Kodak Alaris Information Managementについて

増大し続けるデータとその管理方法は、21世紀の企業および政府機関が直面している最大のチャンスの1つです。Kodak Alaris Information Managementでは、最高レベルのサイエンス、テクノロジー、パートナーシップを結集し、小規模オフィスからグローバルなエンタープライズに至る組織に対して、その顧客が時代を先取りし続けることができるように支援しています。当社は受賞歴のある幅広い種類のスキャナーおよびソフトウェアから、最高レベルのグローバルなカスタマーサービスおよびサポートに至るまでを提供し、データから強力な競争優位性を獲得するために企業を支援します。詳細については、www.kodakalaris.com/go/IMnewsをご覧ください。

Twitter( @KodakAlarisIM)でKodak Alarisをフォローする

LinkedInでKodak Alarisとつながる

Facebookで「いいね!」を押す

© 2017 Kodak Alaris Inc.

コダックの商標およびトレードドレスはイーストマン コダック社の許可のもとに使用しています。

 

広報担当:

Jonathan Ghent

渉外部ディレクター

Kodak Alaris Information Management

(585) 279-0102

jonathan.ghent@kodakalaris.com

 

Martha De Labbey

シニアアカウント役員

Kodak AlarisのText100

(617) 399-4931

martha.delabbey@text100.com

 



[1]Pricewaterhouse CoopersおよびIron Mountain、「How Organizations Can Unlock Value and Insight from the Information They Hold(保有する情報から組織が価値および洞察を引き出す方法)」2015年。