BPOおよびサービスプロバイダがコダックアラリスの量産スキャナーによりビジネスを成長

Binary Code and Laptops

ニューヨーク、ロチェスター- ビジネスプロセスアウトソーサー(BPO)は、より高速で低コストのドキュメント処理への顧客の要求を満たしつつ、他方でクライアントのデジタル化に関連する広範な目標の達成を支援するよう展開するというジレンマに直面しています。厳しい現実として顧客は「わずかで多く」を望んでおり、これはページ数の減少に直面して価格圧力へとつながります。アクセンチュアによる最近の調査によると、BPOは成功した顧客の信頼から始まり、クラウド型市場で傑出できるようにする技術に投資するサービスプロバイダに依存するという困難な仕事を抱えているというさらなる証拠が示されています。調査によると、


i5650
  • 49パーセントのBPOのクライアントが続く2年以内にビジネスプロセスの大規模な変革の着手を見込んでいます。
  • 60パーセントのBPOのクライアントが現在のBPOプロバイダがこの変革を推進する能力を欠いていると考えています。
  • 一方、3分の2の企業がコスト削減に焦点を当てています。

同様のプレッシャーはサービス機関や他のスキャンサービスプロバイダを圧迫しています。こうした課題への対処を支援するため、コダックアラリスは2つの新モデルを加えて受賞歴のあるi5000シリーズスキャナーを強化しました。Kodaki5250およびi5650スキャナーはそれぞれ150および180ページ毎分(ppm)の高い処理速度でより高い効率性と信頼性を備え、最も要求の厳しいビジネス環境で生産性を向上させます。新モデルは210ppmのi5850スキャナーとともにコダックアラリスのスキャナーポートフォリオのハイエンドに位置します。

「組織のデジタル化が大規模な場合、サービスプロバイダは従来のキャプチャ製品の価値を拡大、向上、追加して後れを取らないことが必須です」とInfoTrendsのイメージスキャントレンドソリューションおよびサービスのディレクターAnne Valaitisは語ります。「コダックアラリスのこれら新しい的を絞った製品は大量生産スキャナーで世界市場のリーダーであり、サービスプロバイダが真に劇的な変化を求めてクライアントと提携しながら現代の相乗的環境で先導するのを支援します。」

i5000シリーズの強化により量産スキャンのレベルが向上
次世代i5000シリーズスキャナーには効率的に複雑なタスクと面倒なドキュメントタイプを処理するいくつかの高度な機能が備えられています。これらのスキャナーはドキュメント準備やポストスキャン処理などのプリスキャン作業を減らすよう設計されています。また、これらは余計な手作業を必要とする例外を防ぐよう設計されています。さらに、

  • インタラクティブ重送検知によりユーザーはPC上で重送を監視し、スキャナーのコントロールパネルからイメージの無視、承認や再スキャンを即座に選択できます。
  • インテリジェント刻印によりユーザーは後でドキュメントの追跡および特定を容易にするためスキャン時に各ドキュメントに固有のコントロール番号を印刷できます。
  • 高性能バーコード読み取りによりデータ入力時間が保存され、正確性が向上し、データが買・売掛金、HRオンボーディング、経費報告書などのアプリケーションへ直接送信されます。
  • オプションのi5850スキャナー用コダックコントロールデュアルスタッキングアクセサリでチェックとパッチシートが1つのステップで自動的に分離されるため、これらは再利用でき、他の生産性の上昇も実現できます。
  • 実世界のスループット、これによりすべてのスキャン機能がオンでもオフでも顧客は100dpiで300dpiと同じスループットと生産性を得ることができます。

「多くのサービスプロバイダはコスト節約モードにありますが、当社の調査が示すには、実際彼らは差別化するためには新しい技術に投資していくべきです」とコダックアラリスの情報管理事業部、製品&ソリューション部長のTony Barbeauは語ります。「もはや「類似」サービスの提供は選択肢ではありません。サービスプロバイダはより高度なワークフロー処理への移行を促進する新しいソリューションをクライアントが採用するのを支援する必要があります。当社の新しい量産スキャナーはこれを正確に行うよう設計されています。当社は「スピードとフィード」型改善の提供を超えてお客様の情報管理ニーズの核心に迫りました。」

コダックアラリスの情報管理事業部について
コダックアラリスはいつでも優れた方法を見つけだせると信じて前に進みます。当社の情報管理事業部は、デジタルや紙媒体からデータを取得し、洞察を引き出すことにより、正しい情報を必要とする人に適切なタイミングで届けられるように組織を支援します。当社のポートフォリオには、受賞歴のあるドキュメントスキャナー、世界的なサービスおよびサポートチーム、情報を取得してインテリジェントに管理するソフトウェアおよびソリューションが含まれます。小規模企業から大手企業まで、当社はプロセスの自動化、顧客サービスの向上、スマートなビジネスの意思決定を可能にする新しい方法を提供します。

詳細は、KodakAlaris.com/go/IMnewsへアクセスし、またTwitterでtwitter.com/kodakdiおよびtwitter.com/KodakDI_EAMERをフォローしてください。

コダックの商標およびトレードドレスはイーストマンコダック社の許可の下に使用しています。

メディア連絡先
Jonathan Ghent
コダックアラリスの情報管理事業部、
広報責任者
(585) 310-5553
jonathan.ghent@kodakalaris.com

Martha De Labbey
Text100 コダックアラリス担当、
上級取引先担当者
(617) 399-4931
martha.delabbey@text100.com