コダック アラリスの新しいドキュメント キャプチャ ソフトウェアにより、スキャン作業を簡素化し、インデックス作成を自動化して、紙集約型ビジネスの生産性を向上

Binary Code and Laptops

ドキュメント キャプチャ ソリューション 1 が広範囲に採用されているにもかかわらず、多くの紙ベースのプロセスに依存する中堅から大企業の IT および事業部門マネージャーは依然として情報を取得して管理する方法の効率性と生産性を上げる方法を模索しています。ビジネスプロセスで使用するデータのスキャンと抽出、リポジトリへの情報のエクスポートは、バックオフィス業務と顧客満足度のコストにおいて重大なボトルネックとなる可能性があります。キャプチャ ソフトウェア市場をリードするアナリスト企業である Harvey Spencer Associates の社長の Harvey Spencer は、「組織が収益性を上げるためにますます e ビジネス プラットフォームに依存するようになるにつれ、残りの紙ベースの情をより効果的に管理する必要があることは明らかで、 そのための最善の方法は、できるだけ速やかに紙を使用可能な電子情報に変換することである」と語っています。

高速で、効率的なキャプチャ ソリューションへの需要増に対応するために、現在、コダック アラリスでは、ドキュメント スキャニング プロセス内でより正確、効率的、コスト効率良く業務をこなせ、多くの受賞に輝く次世代向けのソフトウェアである KODAK Capture Pro Software v5.0 を導入しました。Capture Pro Software v5.0 を使用すると、フォーム、請求書、レコード、その他の重要なビジネス文書を高品質の画像に変換でき、スキャン作業を簡素化し、インデックス作成を自動化することで、明らかにコスト削減につながり、エンドユーザーは紙から情報への変換プロセスを合理化できます。ますます高まる顧客要件を満たすようデザインされた高度なインデックス作成機能により、データ抽出は自動化され、重要な情報を ECM システム、Microsoft SharePoint、ビジネスアプリケーションに配信します。「Capture Pro Software v5.0 を使用することで、コダック アラリスは引き続きエンドユーザーによるドキュメントのスキャン、情報のインデックス作成を迅速かつ簡単にすると同時に、事業コストの削減と生産性向上に貢献します」と、Spencer は語りました。

Capture Pro Software (kodakalaris.com/go/capturepronews) はさまざまな業界における一元管理型および非一元管理型のバッチ キャプチャ ワークフローに最適で、政府機関、医療、金融、サービス機関で採用され成功を収めると同時に、多くの事業用途でその効果が実証されています。例は、以下のとおりです。

  • 郡の社会サービス部門は本部と分散化されている場所の顧客レコードをデジタル化しています。ケースワーカーはレコードにより迅速にアクセスできるようになり、カスタマー サービスの質を上げることができ、不正リスクは減少しています。
  • ヘルスケア関連企業は手作業でのインデックス作成を排除し、患者の記録管理の精度が向上しました。患者名、ID、時間、訪問理由などの患者データはフォームに自動ファイルされるようになりました。結果的にコスト、エラー発生率が減少し、リソースをよりスマートに配分でき、患者ケアを改善できました。
  • サービス機関では特定の顧客データにドラッグ アンド ドロップ式の光学文字認識(OCR)を使用してデータベースの検索を開始し、データ入力時間を 50% 削減しています。Capture Pro Software は、データを手動で 2 回入力する必要性をなくすことでデータ入力の精度が大幅に上がっています。

「当社の顧客は、文字どおり縦・横の紙ベースの業務用途にいます。顧客は Capture Pro Software を使用して組織内の文書を共有可能、検索可能なデータに変換しています。各バージョンで、当社は機能を拡張することで変化しつつある情報キャプチャ需要に対応してきました。「顧客の声」プログラムからの貴重なフィードバックに基づき、より簡易的なユーザーインタフェースや生産性拡張など、Capture Pro v5.0 では多くの改善をしました」と、コダック アラリスのドキュメント イメージング部門の、製品/ソリューション担当ゼネラル マネージャー兼副社長の Tony Barbeau は語りました。

Capture Pro v5.0 の新機能

Capture Pro v5.0 の最も卓越した新機能は、以下のとおりです。

  • 1 回のクリックでスキャンを開始できる新しいクイックスタート ユーザーインタフェース。簡単で直観的な新しい GUI により、まれにしかスキャナーを使用しないナレッジワーカーでも容易に習熟できます。
  • 1 回の分割操作で選択した各ベージから開始する新規文書を作成する機能である文書分割や複数文書の分割に使用するヘッダー シートの自動削除など、生産性の強化
  • Windows 8.1 のサポートとコダック アラリスの新規スキャナーおよびサードパーティの追加スキャナーの拡張サポート。

Capture Pro Software は、ドキュメント イメージング ソリューション カテゴリのドキュメント イメージング ハードウェアとソフトウェアの世界でトップの独立系評価会社である Buyers Laboratory LLC (BLI)の「2014 Summer Pick Award 」を受賞しました。BLI は主なセールスポイントとして、Capture Pro の機能の広範さ、使い勝手の良さに加え、BLI が評価したすべてのテスト文書で正確にチェックボックスを索引した光学式マーク認識(OMR)機能をあげました。

KODAK Capture Pro Software v5.0 のフリートライアル版は、kodakalaris.com/go/capturepronews を参照してください。

コダック アラリスのドキュメントイメージング事業について

コダック アラリスのドキュメント イメージング ソリューションは、デジタルや紙媒体からデータを取得・統合し、コンテンツから重要な洞察を引き出して正しい情報を必要とする人に適切なタイミングで届けることが可能になります。数々の受賞歴を誇るスキャナーをはじめ、スキャン/情報管理ソフトウェア、多様化するプロフェッショナルサービス、業界トップのサービス&サポートをご提供致します。小規模からグローバル展開の業務まで、コダック アラリスは、ビジネスのプロセスの自動化、顧客サービス管理の向上、ビジネスにおける的確な意思決定を可能にします。

コダックの商標およびトレードドレスはイーストマンコダック社の許可の下に使用しています。

詳細については、kodakalaris.com/go/dinews を参照してください。twitter.com/kodakdi のフォローをお願いします。ブログ(infooverdrive.com)もご覧ください。

1Harvey Spencer Associates の報告、「2014年版ドキュメント キャプチャ ソフトウェア市場分析」によると、2013 年には 29億米ドル規模であったドキュメント キャプチャ ソフトウェア市場は、その他の情報テクノロジー分野より迅速かつ堅実な成長を続けています。

2014